年齢で変わる覚悟の必要性

看護師は全国的に需要が高いため、どの地域で活動していても必要に応じて転職できます。多少なり優遇されたりする場合もありますが、比較的年齢を問わずにそれまでの経験に応じて職場を選べるのがメリットであり、キャリアアップの方法としても良く注目されています。また、職場への不満の解決方法としても良く利用されています。
いつでもできると言う印象を持ってしまいがちですが、決して気楽なものではないと言う点も理解しておかなければなりません。年齢に応じて、必要な覚悟のもとに転職しなければならないからです。基本的には、採用する側としては即戦力となる経験豊富な看護師を優先して獲得したいと考えるため、歳を取ってしまっても経験を武器にして採用を獲得できる事は少なくありません。
しかし、実際に職場に出てみると、それまでの職場とは違うプロトコルや慣習がたくさんあり、それに慣れるのに苦労してしまいがちです。歳を重ねるほど新しいスキルの獲得が難しくなるため、少し仕事内容が違うだけで思ってもみなかった苦労をする場合もあります。若い間は職場を転々としていてもそれほど苦になりませんが、30代、40代となるにつれて職場を変えるのが負担になってしまう事が多くなる事は知っておきましょう。
特に30代後半から40代になって転職する場合には、新しい職場で苦労する覚悟は欠かせません。同じような職場であれば乗り越えられる壁であっても、もし業界を変える場合には特に覚悟が必要であり、努力が欠かせないと言う点を理解しておきましょう。